2010婚活


婚活日記
by pljdqfpfx8
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:未分類( 72 )

仕事なく海外脱出者相次ぐ 給料ダウンでもお金たまる?(J-CASTニュース)

 深刻な不況で、人件費の安い海外に活路を求める企業が増えている。そんな中、日本の人材紹介会社が、海外での仕事を希望する登録者を大幅に増やしている。人材も海外に流出してしまうのか。

  「給料が下がっても、海外での貴重な経験が得られます。それに、物価も安いので、生活しやすいですし、お金もたまります」

 人材紹介事業を展開するパソナグループの広報室では、海外で働くメリットをこう強調する。

■海外の仕事紹介で登録者が3倍増

 同社では、海外で働きたい日本人に仕事を紹介する子会社「パソナグローバル」を2004年に設立した。当初は、登録者が約9000人だったが、現在は、3倍の約2万7000人にも増えた。進出先も、香港を手始めにアメリカ、カナダ、中国など8か国24拠点に達している。

 不況に加え円高もあって、日本企業が海外に生産拠点を移す動きが進んでいる。特に、人件費が比較的安い中国やインドなど、東南アジア方面に進出する企業が多いようだ。

 必然的に、日本企業などの海外での求人が増えることになる。とすると、国内では仕事を見つけにくい若い世代が、そこに目を付けてもおかしくない。

 海外就職をルポした朝日新聞の09年12月30日付記事によると、タイでは、日系の職業紹介会社が、日本人の登録者をここ数年で急激に増やし、約200人にもなった。彼らが働くコールセンターでは、手取りの月給は9〜12万円だという。しかし、それでもタイ人の大卒初任給3〜4万5000円より恵まれている。1日300円で生活できるのも魅力という。

 パソナグローバルの登録者増は、そんな動機による応募も反映している。働き先の7割近くがアジアだそうだ。

 就職情報サービス会社ディスコでも、海外で職を求める人は減っていないという。特に、東南アジアでは、日本のメーカーの支社や工場などで求人が目立つとしている。

■中国に出稼ぎに行く時代がくる?

 アジアのうち、特に「世界の工場」中国は、日本人が働く機会が増えることが見込まれている。2010年には、GDPで日本を抜き、アメリカに次ぎ世界第2の「経済大国」になる見通しが強くなっているからだ。

 サーチナの1月4日付サイト記事によると、中国メディア「環球網」が同日、「日本のネット上では、日本人ネットユーザーたちが『中国に出稼ぎに行く時代がくるのだろうか?』という議論がなされている」と報じたともいう。中国がGDPで日本を抜くと報じられた状況を受けたものだ。

 もっとも、1人当たりGDPにはまだ差があり、稼いだお金を日本に持ち帰っても大金にはならない。「出稼ぎ」というのは言い過ぎのようだ。

 ただ、若い世代が海外に流出する傾向は今後も進むとみられている。

 日本総研が09年11月10日にまとめたレポートによると、日本人の国外流出数は、07年10月〜08年9月の1年間で10万人を超えた。20〜49歳までの若い世代が中心で、過去20年間で最大だという。そして、日本の低成長と雇用の受け皿不足がこのまま続けば、企業の動きとは関係なく、特に若い世代が雇用機会を求めて海外へ流出する可能性が高いというのだ。

 レポートでは、「人口流出と企業の転出がスパイラル状に連鎖し、わが国の衰退を加速することが懸念される」と警告している。


■関連記事
中国で「日本留学ブーム」 「恵まれすぎ待遇」に疑問の声 : 2009/10/02
就職できない大学生 2010年春は氷河期並み10万人超え : 2010/01/04
「上海で働きませんか」パソナ募集 : 2007/04/16
「日本はもう立ち直れない」 だから「海外で働こう」に賛否両論 : 2009/05/04
「失業者は甘えすぎ」 「人手不足」社長の怒り : 2009/12/04

モバイル界王拳
晴れ時々魚
競馬情報
クレジットカード現金化 即日
クレジットカード現金化 比較
[PR]
by pljdqfpfx8 | 2010-01-09 11:36

こども相談センター 大阪市が運営開始(産経新聞)

 旧大阪市中央児童相談所と市教育センターの教育相談部門を統合した「市こども相談センター」(中央区森ノ宮中央)が4日朝、運営をスタートした。児童相談所への相談の件数増加や複雑化に対応するため、児童福祉司らを増員して体制を強化。虐待や非行、不登校など子供に関する総合相談窓口を設置した。

 市こども相談センターはアピオ大阪(市立労働会館)跡に開設した。手狭となっていた旧児童相談所などのほぼ2倍となる延べ床面積約5千平方メートルを確保し、新たに小児科と児童精神科の診療所も設置した。

 この日午前9時、谷井雅美所長が「今年はわれわれの真価を問われる1年になる。子供のセーフティーネットの中核として役割を果たさなければならない」と職員に訓示した。

 同センターの総合相談窓口(TEL06・4301・3100)は平日の午前9時から午後5時半まで受け付ける。昨年9月に設置した24時間対応の市児童虐待ホットライン(フリーダイヤル0120・01・7285)も引き続き運用する。

bang-bang-bang
大歩危小歩危
競馬情報
クレジットカード現金化 比較
現金化口コミ
[PR]
by pljdqfpfx8 | 2010-01-07 15:52
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧